2006年09月06日

私立高校

私立学校(しりつがっこう)とは、学校法人の設置する学校である。略称は私学。「市立」と混同しないため、口頭では「わたくしりつ」とも言う。また、近年になって構造改革特別区域に限り、株式会社や特定非営利活動法人も設置できるようになった(朝日塾中学校など)。

私立学校の管轄
私立学校の設置・廃止・変更などの認可は、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、盲学校、聾学校、養護学校、専修学校、各種学校については都道府県知事が行い(都道府県教育委員会の管轄ではない)、大学、短期大学、高等専門学校については文部科学大臣がおこなう(学校教育法第4条)。

私立の小学校・中学校・高等学校・中等教育学校
公立の小中学校は教育内容が学習指導要領から逸脱することは非常に難しいが、私立の小中学校は、各校独自で知育・進学重視の教育をしている場合が多い。また宗教教育も可能なため、学費の高さをもってしても有り余る魅力があるという人も多く、私立に入学するための小学校受験や中学入試の人気が高まってきている。ゆとり教育政策による公立学校の学力低下がこの傾向に拍車をかけた。

1970年代ごろまでは東京大学の合格者の多くが日比谷などの公立高校出身者だったが、ゆとり教育や学校群制度の影響により、現在の合格者の大部分は私立ないし国立の中高一貫校の出身者である。

私立学校の特徴として、男女別学が多いということ、中学校を併設していない高校はある程度存在するが、高校を併設していない中学校はほとんど存在しないということなどがあげられる。

私立学校の教員採用に関しては、各校が独自の採用方法を採っているが、地域によっては私学協会が私学適性検査を実施していることがあり、これを受けてエントリーすることもある。

中学入試・高校受験で人気が高い私立学校には、大きく分けて次の2種類がある。

附属校タイプ
大学に附属していて、ほとんど無試験で大学まで進学できる学校。ただし武蔵などのように附属校であっても内部進学者がほとんどいない学校もある。
進学校タイプ
学力重視の教育をしていて難関大学への一般入試での合格者が多い学校。大学附属でない学校に多い。先述の武蔵などはむしろ進学校としての人気が高いと言える。

地域的な集中
私立中学は日本に700校あるが、東京都179校、神奈川県62校、埼玉県20校、千葉県23校、大阪府63校、兵庫県39校、京都府24校と、首都圏と近畿圏に集中している。しかし東京都でも中学校全体の21,2%と少数派である(生徒数比率は24%)。他の20校以上ある都道府県の学校数は、静岡県22校、愛知県21校、広島県27校、福岡県29校である。学齢期の日本人であれば義務教育制度によって公立中学への入学が保障されているため、公立中学校の滑り止めになる私立中学校は存在しないことになる。

私立高校は日本に1318校あり、東京都は238校だが、中学校ほど一地域に集中していない。首都圏などでは中高一貫校を中心として偏差値の高い学校も多いが、地方によっては平均的な公立高校よりも偏差値が低い場合もある。中学と違い、高校は公立も入学試験があるため、公立高校の偏差値が高い地域では公立高校の滑り止めになる私立高校も多い。


{PR}中学数学問題集中学英語問題集レビュー。高校入試高校受験の。偏差値が急上昇。中学生勉強法で完成。
タグ:私立高校
posted by 塾長 at 04:06 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。