2006年09月06日

入学試験

入学試験(にゅうがくしけん)、略して入試とは、学校が入学志願者に課す試験のことである。受験(じゅけん)とは入学試験、資格試験をはじめとした試験を受けることだが、一般的に受験といった場合は進学のための試験対策から高校受験を含めた志望校選定、教科選択、入学試験の受験まで含めたプロセスのことである。

入学試験には、第1学年の始期から新入学するための「新入学試験」、第1学年の始期を過ぎてから編入学、転入学するための「編入学試験」、「転入学試験」、一部大学で行なわれている飛び入学のための「飛び入学試験」などがあるが、この記事では主に新入学試験について扱う。

高校受験においては、主に私立高校では「入学試験」、公立高校では「入学者選抜のための学力検査」と呼び、それらを受けることをそれぞれ「受験」、「受検」と呼ぶ。

入学試験を実施する目的
ある学校に入学できる定員が制限されており、かつその学校の入学志願者が定員より多い場合、定員分だけを選抜するために行なわれる場合が多い。もっとも、志願者が定員に達していなくても、志願者のレベルによる選抜を行うために実施されることもある。これは定員内不合格と呼ばれ、生徒の学力水準を維持し、学力偏差値の下落を防ぐなどの効果がある一方、最も偏差値が低いレベルの定員割れ校(いわゆる底辺校)でも実施されると、特に知的障害者の全日制普通高校入学が困難になるとして問題になっている(地域によっては各種の事情により養護学校高等部にも入学できない場合がある)。なお定員内不合格を実施するかは都道府県によって異なる。

受験生
入学試験での合格に向けた学力向上などの準備には、最低でも数ヶ月をかけるのが通例であるが、上級学校などへ進学するために、合格を目標にして準備をしている人を「受験生」という。学校の最高学年に在籍中の受験生は「現役生」といわれ、すでに学校を卒業した受験生は「過年度生」といわれる。また過年度生のうち、受験で不合格になったまま卒業し、翌年の合格を目指してもう1年の準備を続けている受験生は「既卒生」または「浪人生」といわれる。なお、「浪人」という呼称は冷やかしの意味が込められていて好ましくないとの説もあり、最近では使用頻度は低くなりつつある。過年度生は現役生と違って各種の制約がある場合が多いが、これは当該記事に詳述されている。

また、一旦合格して進学したが、別の学校への入学を目指す場合もある。これは「再入学」「仮面浪人」「再受験」などといわれる。これらも過年度生の一種であるが、「再受験」は通常の過年度生のことも指したり、「再入学」は同種学校の既卒者の入学のことも指したりするため、用法は一定していない。また、昨今は「仮面浪人」という呼称はあまり使われない。

進学競争の過熱を戦争になぞらえて「受験戦争」と呼ぶことがあるが、これにあわせて「受験戦士」と表現されることもある。また「お受験」という場合は、主に小学校くらいまでの低年齢の受験を指すとされる。

なお、幼少の頃から「お受験」(洗脳)教育されてきた子供は、発想の転換や京都小学生殺害事件に見られるように人間性など「勉強」分野以外では劣る傾向があるという可能性が一部の人たちの間で指摘されている。

年少期からの過度な受験勉強の弊害を防ぐ方法として、総合的な教育を施す必要性が唱えられ、文部科学省によるゆとり教育の導入理由の一つともされた。


受験時期
多くは1月末〜3月前半に行われることが多い。中学受験等では最近では学校側の都合から12月末頃から実施されたり、1月中旬に実施されることが多くなった。また中学受験では、同じ地域の学校が同じ日に一斉に実施するのが普通である。大学受験等は大学入試センター試験等を除けば試験日が意図的に統一されることはないが、一般入試では2月前半に集中することが多い。 但し、最近では試験日を分散させる傾向が強く、前期試験や後期試験として通常の試験日とずらして日程を組むことも珍しくなくなった。高校受験においては早めに過去問をこなしておくことが大切で、中学生は勉強法にも力をいれることで高校受験で偏差値の高い高校を目指していこう。

日本での現状
日本では、幼稚園・保育園、小学校、中学校、中等教育学校、高等学校、高等専門学校、専修学校、大学、短期大学、大学院、各種学校のいずれにおいても、入学試験が存在する場合がある。特に高等学校や大学は、その大部分に入学試験がある。また一部の学習塾、予備校でも、入学して授業を受けるのに試験がある場合がある。これは「入室テスト」などと呼ばれる場合が多いが、習熟度別教育を行ない、授業の効率を高めるために行われている。

幼稚園受験、小学校受験は、主に私立の学校で行われているが、上級学校に連続している私立幼稚園や、私立小学校が少ないため、盛んな地域でもかなり少数派である。

中学受験は、首都圏と京阪神においては私立学校が多いために盛んであり、地域によっては小学6年生の4分の1程度が私立学校に入学しているが、それ以外の地方ではあまり受験熱はなく、そのまま公立中学校に入学する場合が多数である。

高校受験は、国立・公立・私立ともに多くの学校で入学試験があり、高校進学率が9割を超えているため、日本の全域でかなり一般的に行われている。中学生は勉強法が高校入試においてたいせつであり、高校入試の問題には早くから手をつけ、高校受験用の過去問にも早くから手をつけるべきである。

大学受験は、高校と同様に多くの学校で入学試験があるが、少子化により、一部の大学では以前ほどの過酷さはない。そのため、志願者の減少が進む一部の大学では推薦入試による定員を拡大するなど、早期に新入学生を確保する動きがある。これにより、少子化が問題視される以前と比べ、入試難易度が下降した大学も見受けられ、それまで進学希望者の割合が低かった高等学校においても推薦入試による進学希望者が増加している。

大学院受験は、志願者に対して大学院の数・定員が多いことと試験内容が比較的容易であることもあって、大学本体よりも簡単な場合もある。

日本での入学試験の特徴として、入学後の進級試験や卒業試験に比べて難度が高く設定されている場合が多いという点が挙げられる。卒業が容易なため、特に大学で、学生が入学時に比べて勉学に怠惰になるなどの悪影響が指摘されている。

大部分の生徒は自分が合格できそうな最高の難易度の学校に入学する心理的傾向がある。これには多くの理由があるが、学校間の序列を固定化し、高難易度の学校の羨望・自信と、低難易度の学校の蔑視・落胆を生んでいる。

中学校以上の入学試験では必ずといってよいほど学力検査が課されるが、運動能力などの実技試験が課される場合もある。また、高校受験では卒業校からの内申書が加味されることが多い。

高校・大学の入学時には、基本的に下級学校の卒業が前提になる。卒業していない場合は入学資格試験を受験しなければならない場合が多い。中学校の場合は中学校卒業程度認定試験(中検、中認)、高校の場合は高等学校卒業程度認定試験(高認)の合格をもって、卒業と同等とみなされる。

高校・大学ではスポーツなどで優れた技能を持つものを推薦入試で採用することもある。

浪人することを避けるために、実力では十分可能な学校の入学試験を受けること、またはその学校を滑り止めという。これに対して、第一志望校を本命と呼ぶ。 滑り止めは、本命より前日に受け試験慣れも兼ねる場合と、本命より後の日程を選び、本命の結果によっては受けない場合とがある。本命の学校に合格した場合、滑り止めで合格していても進学しないことが多い。そのため、学校側では、主に後期試験などで募集人数よりはるかに多い人数を合格とする場合が通常である。

なお、学校でどのような技術・知識を身につけたかが、重要であり、入学時での学力は関係ないとする考えから、「入試を廃止せよ」とする意見も少数ながら、昔から根強く見られる。(この場合、卒業を難しくしなければならない。)

日本での経緯
日本では高度経済成長期頃から、よりよい進路のため学歴を身につけようとする風潮が広まり、それにつれて大学受験競争が活発になった。そこから、進学校(主に入学偏差値の高い学校をさす)へ入学することがその後の受験に有利であるとの認識から、高校受験、中学受験と、次第に受験競争は低年齢化しながら過熱した。また、私立学校を中心として、入学すれば上級学校へ進学する際に通常の入試を受けずに内部進学できる場合が多いことも受験競争を過熱させる原因となっている。小学校受験、幼稚園受験に至っては明らかに本人の意志よりも両親の意志によって競争が行われている面が大きく、これを揶揄してお受験と呼ばれる。実際、それらの受験をテーマにしたドラマや映画がある。進学競争が過熱して成長期の子供の健全な学校生活や日常生活まで圧迫するようになった状況は受験戦争とまで形容された。その受験戦争により、受験に失敗したことから自殺を図った若者も多く、当時話題になった。

人口の少子高齢化が進むなか、受験もその影響を受けている。大学は受験者数全体の減少のため志願倍率も全体として低下し、一部の大学では定員割れが常態化している。だが、学歴社会自体は一部では未だに存在し、日東駒専レベルの難易度の大学を平均として、特定業種の企業の採用試験などでは大きな扱いの違いが生じる。そのため難関大学では倍率(人気)が上昇している場合もある。

大学受験の倍率低下に比して、中学受験は依然活発である。これは、一部都市圏における公立中学への信頼度低下や、少子化の影響で子供ひとりあたりにかける教育費が増加したことなどが原因と考えられる。その一方、中学受験による親の経済的負担の増加も著しい。 また、公立の中高一貫校や小中一貫校も出現したが、一部の人たちしか享受できないとして批判がある。

教育費は、現代の家庭の家計状況を測る重要な基準となっており、家計支出に占める教育費の割合はエンジェル指数と呼ばれる。これは、食費の割合であるエンゲル係数になぞらえたものである。

受験の失敗による受験生本人の尊厳の回復が約束されないままの受験制度の現状存続には、「青少年の尊厳を傷つけるものであり好ましくない」との批判が一部から挙がっているが、一方で「受験は大人になるうえで避けて通ることのできない通過儀礼であり、単に学力だけでなく、競争や自制によって集中力や向上心、自立心等を鍛え、涵養していくためにも重要といえる」と賛成する意見も多く、今もって具体的な解決は為されていない。現在、上級学校で入学試験重視の学校制度を維持している国は先進国では日本だけである。

とは言え、少子化と学力低下が相まって、選り好みをしなければ大学へ入学するのは極めて容易になった。高度成長期のような受験戦争は、一部の難関校を除いて、もはや存在しない。



日本以外での現状
日本以外でも一部の国では、一般に社会的キャリアを目指して、よい学校に入るため、かなり過酷な進学競争が行われる。これは一種の文明病だとも言われる。韓国、台湾、中国、シンガポールなどに広がっている。

欧米諸国では、学校システムや社会通念などから、受験戦争自体が存在しなかったり、それほど過酷でなかったりする場合が多い。国によっては入学試験が無い大学が主流である場合もある。但し、フランスのグラン・ゼコールやアメリカの最上位クラスの大学へ入学するのは、やはり困難と言わざるを得ない。これらの大学に入学するのは、ある種の天才かエリート的な家系に生まれた子女のみであり、日本の難関大学といった概念とは多少異なる。

英語では「過年度生」の定訳が無いとされるが、それは進学準備のために時間がかかるという概念自体が欧米にあまり無いからである。

日本以外での経緯
中世中国では、登用試験「科挙」が存在した。

{PR}中学数学問題集中学英語問題集レビュー。高校入試高校受験の。偏差値が急上昇。中学生勉強法で完成。
タグ:入学試験
posted by 塾長 at 02:18 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。